東京電力 電気メーター不具合(2)

投稿者: | 2020年8月23日

東京電力 電気メーター不具合(1)の続きです。
少し動きがありましたので、また記録✏️に残してみたいと思います。

スマートメーター不具合後、今のところ家の中で動かなくなっていることに気づいたのは、

・固定電話機
・電動シャッター(家にある3つのシャッター全て)
・ガスレンジの上にあるライトや換気扇が一体になっているところ(レンジフード)

この状態を、賠償担当窓口へ📞お伝えしていたところ、写真🤳を撮らせて欲しいということで東京電力の方がいらっしゃいました。

固定電話☎️については、既に新しい物を購入済だったため、動かなくなった古い電話機と新しく購入した電話機(購入した際の書類含む)の写真を撮りました。

電動シャッターとレンジフードについては、動かないことを確認後、メーカーの型番が分かる部分も含め写真を撮りました。

東京電力の方の説明📃によると、

  • 撮影した写真は賠償の部署に報告するので、どうゆう不具合が出ているのか登録される。
  • 電動シャッターやレンジフードは東京電力では修理できないから、メーカーに問合せをして修理をしてください。修理の際は必ずエビデンスを残してね。
  • 賠償窓口に電話すれば、既に登録されている不具合について報告をあげる。

修理の際に東京電力さんは立ち会うのか❓確認したところ、

  • 基本は立ち合わずに電話📞のやりとりだけで終わると思うが、場合によっては訪問する可能性もあるのでその時は連絡する。

ということでした。

今のところちょっと不安かなと感じる点は😢

<<不安点1>>
「賠償窓口」とは言っていますが、修理にかかった費用を出してくれるかどうか明言はない。今のところ「関連部署に報告します」「システムに登録します」「メーカーに伝えます」という説明だけ。

<<不安点2>>
賠償窓口のオペレーターさんから、「原状回復するために、エビデンスが必要」という説明が。もちろん、スマートメーター不具合が原因での故障かどうかを判断/切り分けするために必要というのはその通りだと思いますが、はたしてそれってはっきりと分かるものなのか💦。メーカーの方にも事情を説明して修理にのぞもうと思いますが、東京電力が納得するエビデンスを提出できなかったらどうなるんだろう。。

初めてのことなので不安も勝手に膨らみますが😅、とりあえず1つずつ進めてみたいと思います。いらぬ心配してたね🤣と後から笑えるといいな❣️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


three + nineteen =