久しぶりのラウンドレッスン⛳️(大月カントリークラブ)

投稿者: | 2022年11月3日

股関節唇損傷🏥の怪我が少しずつ良くなってきて、リハビリラウンド⛳️も開始😊❗️

早速、ラウンド記録をブログアップしようと思ったら、怪我する前のラウンド記録が残ってた😅。なので、ひとまずそちらからアップいたします。これは怪我する前の先々月のラウンド記録です。


1年以上ぶりに、ゼッキープロ🕺、Cさん、Kさんと一緒にラウンド⛳️行ってきました😊。

厳密に言うと、ラウンドレッスンではなく、プレイヤーの一人としてプロが一緒に回って(先生に徹してほとんど打ちません)アドバイスいただくスタイル。プロの所属のゴルフ場でやる場合は、打ち直しやラウンドレッスン的なこともOKなのですが、今回は違う場所だったので普通のラウンド形式となりました🏌️‍♀️。

今回、私が見ていただきたかったポイントは2点
・ラフ
・マネジメント

ラフが苦手😭、特に夏の伸びたラフの場合は必ずプラス1〜2打いってしまう、なんとか対策が知りたい❗️前回のラウンドレッスンの記録を見てみたら、なんとその時もラフ対策やってました😆。あれから1年、ぜんぜん攻略できずにいます。。。

マネジメントを変えることによって、今の自分の技術レベルのままスコアを数打良くすることができると思い、自分では気づいていない部分を指摘してほしいと思いました。

いざスタート❗️

以下、アドバイスいただいた内容のメモです。

①ラフ
ラフはプロでもミスすることがある難しい状況、ラフからどうやって打つ?も大切だけど、その前に、ラフに入れないためにはどうやって打つ?という考え方が足りない。ラフで素振りをしてクラブの抜けを確認しながら番手選びをするが、次に打つ時に打ちやすい場所へ確実に出すことが最優先。浮いているから打てそうというだけで長いクラブを選択する傾向あり。

②ドライバーのアドレス
左OBだから右狙い(またはその逆)の場合、あまりに右(または左)に向き過ぎている。OBを避ける意識は良いがやりすぎ。ドライバーは少しの角度で大きくボールの方向が変わるから、少しの意識で十分。やりすぎでOBと反対サイドのラフに行ってるケースあり

③次に打ちやすい場所に打つ
危険を避けて安全な方へ打とうとしている意識は見えるが、グリーンに近づけることよりも、次に打ちやすい場所に打つことを優先させる。グリーンに近づいても次がバンカー越えのアプローチになるとミスの確率が上がる。であれば、次がバンカー越えにならない場所へ打つ方がベター。

④アプローチ
奥に行くことを必要以上に怖がり過ぎ、ショート多い。受けグリーンであれば、もっと打って大丈夫。全てのグリーンで同じように打つのではなく、可能な限りグリーンの傾斜やピン位置を確認して、打てる時は打つ!

⑤バンカー
1年前よりだいぶ良くなってる、しっかり振れてる。目玉の出し方を教わった。

⑥パット
ラインの読みが浅い。アマラインだと入る可能性がゼロになるから、気持ち程度でOKだから厚めに読むとGood。

指摘されるまで気づいていなかった事💡、頭では分かっているけど実践できていなかった事💡など、収穫大でした😊‼️打つ練習も大事だけど、それよりもマネジメントをしっかり出来るようになろうと思った。その方がスコアアップの近道のように感じた。

最終スコア⚪️94(32)(6,204Y)
OB等なし、池ポチャなし、バンカー3回(3打)

またこつこつがんばろう😊‼️お疲れ様でした。感謝💕

(そして、このラウンド後に左股関節に激痛が走り、しばらくゴルフお休みとなりました😭。)

ゴルフラウンドレッスン

[ 投稿一覧 ] [ ラウンド⛳️一覧・スコア ] [ 自己紹介🙋‍♀️ ]

よろしければポチっと応援クリックをお願いいたします☺️。励みになります❣️

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

こうゆうの大好き🤣タイガーがタイガーに変身🐯🐯🐯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


5 × three =