力を抜いて打つ

投稿者: | 2019年12月15日

ゴルフレッスンを始めて9ヶ月目の私の各クラブのだいたいの飛距離はこんな感じでした(フルスイングはミスが増えるので基本していません😅)。

そうなんです、長いクラブがぜんぜん使いこなせていなくて、7番アイアンがクラブの中で1番安定して飛ぶという悲しい状況でした😭

レッスンで言われていたのは、力が入りすぎていて手首がガッチガチで自然な返しができていないということでした。とにかく力を抜く‼️ようにということで、いろんなドリルを試したり、自分でも意識して練習をしてみたのですが、なかなか力を抜くという感覚が分かりません。力を抜こうとすると、緩んだりして「力を抜くのと緩むのは違うぞー!」と何度も言われて頭では分かっているんだけど、、、どうしてもそれを体で表現することができませんでした。

そんな時、ゼッキープロ🕺がジュニアの子のレッスンに使っているという新体操のリボン🎗のようなスイング練習器具を貸してくれました。

このリボンを使って、ゆっくりでいいからとにかく力を抜いて、綺麗な円を描くように連続してスイングするように言われました。

私は言われた通り、リボンを振り回し始めました。最初は何だかよくわからなかったのですが、、、、ずっと振ってたら、、、、なんとなく、力を抜くポイント?みたいなのを感じるようになりました。「もしかして、これが力を抜くってことかな?」そう思って、試しにクラブに持ち替えて打ってみました。

そしたら、ぜんぜん力入れていないのに、スパーーーンとボールが飛んでいったのです😭びっくり。初めて力を抜くことができた瞬間でした。

私:「なんとなく力を抜く感覚が分かったかもしれません!」
ゼッキープロ:「ちょっと打ってみて」
私:(スパーーーン)
ゼッキープロ:「おおお、抜けてるね」

新体操リボンのおかげで抜けました🎉🎉🎉

急に感覚が分かって、力を抜いたら飛距離が伸びて、何だか不思議な体験でした(> <)。ちなみに練習場での飛距離はこのくらい変わりました。

これで安定して真っ直ぐ飛ばせるようにコツコツ練習しようと思います(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five × 4 =