ゴルフのルールを覚える②:マンホール・修理地・カート道

投稿者: | 2021年1月17日

ゴルフのルールを覚える①:OB
のつづきです(^^)。

実際に自分がラウンド中に経験した状況に沿って、ルールブックを読み返して、咀嚼しながら文字にしてルールを1つずつ覚えていこうと思います💪。
間違っていたら教えてください🙇‍♀️

【実際の状況】
ティショットで打った球が「マンホール」「修理地」「カート道」の上に落ちた。そこは打てないから出していいよ!と言われ、すぐ近くに適当に😅ボールを置いてプレイ再開。

【ルールブック確認📕】Abnormal Conditions
①修理地、一時的にたまった水(水たまり)、動物の穴、動かせない障害物は罰なしの救済が受けられる。
②カート道は、球が道路上になくてもスタンスが道路にかかる場合も救済OK✨
③「完全な救済のニヤレストポイント(スタンスやスイング区域に障害がなくなり、且つホールに近づかず、球から1番近い地点)」基点で、1クラブレングス以内でホールに近づかない場所が「救済エリア」。その救済エリア内でドロップして、その中に球を止めないといけない。
④膝の高さからドロップ。救済エリア外に落ちたら、罰なし再ドロップ。
⑤カート道の真ん中にボールがある場合、ニアレストポイントへの移動距離が短い側(右打ちの場合は道の左側になることが多い)にドロップ。

以上より、私がとるべき正しい行動を復習すると、、、
異常なコース状態にボールが落ちたら、ホールに近づかないエリアで障害なくスタンスやスイングが出来そうな1番近い場所を探す。見つかったらそこを基点にクラブ一本分のエリア(ホールに近づかない)でドロップ。コロコロころがって救済エリア外に出たら、再ドロップ。

こんな感じでしょうか。
カート道上にボールがなくても、スタンスが道路にかかる場合も救済を受けられる❣️とは知りませんでした😆 。今まで、打ちにくいな〜〜💦と思いながらそのまま打って🏌️‍♀️いたので、今後は救済受けたいと思います😊‼️


2019年にソニーオープン🌺🌴観戦行った時の写真。またいつの日か行きたい☺️。

ソニーオープンゴルフ2019
ソニーオープンゴルフ2019
ソニーオープンゴルフ2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


11 + 4 =