もう1つの3パットが多い理由

投稿者: | 2021年6月23日

前回上総モナークカントリークラブで恐ろしいパット数42😱を打ち、明らかなパター練習不足の自覚があったので、早速パター練習をコツコツ開始💪。

それとは別に、もう1つ問題に気づきました💡。

普段、こちら↓のPW, AW, SWの3本のウェッジ でアプローチをしているのですが、なんと前回のラウンドではAWを1回も使っていないことに気がつきました😱。

アプローツウェッジ

SWを多く使っていて、グリーン⛳️にオンはするけれどショートしてロングパットが残り、3パットになるという流れ😭。

何でAWを使わなかったんだろうか❓❓❓
記憶を辿ってみると、、、いくつか前のラウンドの時にAWでアプローチしてグリーン⛳️オーバーを何度かした経験が記憶に刻まれて、オーバーしたくない(> <)という気持ちからか無意識でSWを選択したのだと思います。

早速レッスンの際にこの事を相談してみたところ、

ゼッキープロ🕺:「オーバーしたくないからSWを選ぶっていうのはおかしいよね。落としたいと思った場所に落ちていないなら、それは単純に振り幅のミス。」

その通り。

ゼッキープロはいつもスパッと指摘してくださるので私は迷うことなく練習できます😊。

練習場でできる練習としては、10ヤード刻みで狙った場所に落とせるようにすること❗️私は油断するとパンチ👊が入るので、アプローチも力を入れないことに集中。これをコツコツ練習したいと思います。そして次のラウンドではAWにも活躍してもらおうと思います☺️。


武井壮さん、ゴルフがお上手なのはもちろん、言葉もすごく分かりやすくて好きです☺️。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


eight + 9 =